〒231-0827 神奈川県横浜市中区本牧和田19 電話:045-621-7611 FAX:045-623-1040 

e-mail:shamusho@honmoku.or.jp

 

 

大日靈女命 (おおひるめのみこと)

大日靈女命は天照大御神の御異称です。大御神は皇室の御祖先神であると同時に、全ての日本人が総氏神と仰ぐ我が国で最も尊い神様です。

 

建速須佐能男命 (たけはやすさのおのみこと)

須佐能男命は、『古事記』の「神生み」において、伊邪那岐命(いざなきのみこと)が日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、鼻を濯いだ時に産まれた神様で、天照大御神の弟神に当たります。神仏習合時代には牛頭天王の名で信仰され、また「蘇民将来」における武塔神として、民間信仰の説話の中にも登場します。災厄を祓い、疫病を除いて福を招く神として、古来より厚く信仰されています。

 

木花咲耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)

富士山を御神体とする浅間神社は江戸時代に「富士講」の信仰団体を形成し興隆を極めました。当神社においても富士講の講碑があり、弘化三年(1846年)の刻銘が確認できます。富士講や富士塚は、直接富士山を遥拝できる場所に現存している例が多く、当神社の旧境内地である本牧塙に鎮座していた風光がしのばれます。

火難消除・子育ての守護神として親しまれています。

 

大山咋命 (おおやまくいのみこと)

 

八王子大神 (はちおうじおおかみ/おはちょうじさま)

八王子大神は八柱御子神(やはしらのみこかみ)ともいわれ、かつては本牧神社より約2キロメートル南西に境内地があり、明治政府の合祀令により明治42年当本牧神社に合祀されました。本来は旧牛込村(現在の本牧元町)の鎮守であり、人々に“おはちょうじさま”と称され親しまれてきました。御祭神は陰陽五行の神にそれぞれ配置されていることから、方除けの御霊験を垂れ給う神です。

 

 

相殿末社

若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)

八幡大神は古くからこの地を守護する神としてお祀りされてきましたが、その由緒は定かではありません。源頼朝公が鎌倉幕府を開くにあたり鬼門守護の神社に厨子ほか幣帛を奉られたことが伝えられており、往古から武家政権より厚く崇敬されていたことがわかります。源氏の氏神である八幡大神は坂東の武士より武門の神として信仰され、現在でも心身錬成、勝運守護の御神徳が広く慕われています。

 

阿夫利神社(あふりじんじゃ)

丹沢山系大山の山頂に本宮を持つ大山阿夫利神社にお祀りされる大山津見神は、古くは石尊大権現と称し、修験の聖山でした。同山は大変雨が多く、雨降り山から「あふり」の名が生じたとも云われています。

農耕の民からは祈雨の神として、また漁業の民からは漁場を知るために大山の見え方で判定する「山アテ」の目印、また港へ帰る際の目標の山として信仰を集める神社です。当地においても半農半漁の時代から豊漁・豊作の神としてお祭りされてきました。

 

 

宇氣の稲荷社

 

 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)をお祭りするお社です。この神は稲荷大明神の御神号で親しまれ、五穀豊穣の神として古くから崇敬されてきた神であり、天慶5年には正一位の神階を贈られました。当神社では御社号に『宇氣』の文字を冠し、『保食(うけもち)=食べ物』を意味しています。食べ物は人間生活の基本であり、また、富の象徴でもあります。 同神社は大漁・豊穣・商売繁盛・開運招福に御霊験あらたかな神です。 末社社殿建立にあたっては、伊勢神宮外宮・豊受大神宮の御神璽も新しく勧請されました。

熊野速玉社

   古くは熊野龍王権現と見え、末社として祀りされていました。御本社熊野大社は熊野三所権現と称され、和歌山県紀伊半島の南部に三社それぞれ御鎮座されています。  当氏子地区が漁業の盛んな地域であることから、さらなる大漁満足・航海安全の霊験あらたかな大神としてお迎えされたと考えられます。  御祭神は熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)・熊野夫須美大神(くまのむすびのおおかみ)を奉祀しています。 同社に隣り合わせて榎木の樹がそびえ、榎木は「縁の木」につながることから、木の周りを右回りに三度回れば良縁に恵まれ、逆さに三度回ると悪縁を断ち切り、さらに新たな良縁に恵まれる御神徳あらたかな神として崇敬を集めています。

本牧水天宮

   『新編武蔵国風土記稿』にも古くから社殿の右側に鎮座する末社としてその名が見えますが、創祀の時期や由縁は定かではありません。安徳天皇を奉祀し、子授け・安産・子供の守護神としての御神徳があり、とりわけ『母子安泰』の鳥居をくぐると安産の御霊験が得られます。またこの神は海峡や港にお祀りされることが多く、当神社においても海運・漁業とゆかり深き土地柄から、海上安全の神としても信仰されています。

本牧天神社

   同社は当氏子地域に古くからお祀りされている社です。  菅原道真公を奉祀し、才知にあふれた御祭神の学業成就、芸道・詩歌・舞踊成就の御神徳により、数多の人から崇敬を集めています。

明治39年、明治政府により「近隣の中小神社は、当該地域の有力神社に合祀・統合せよ」という旨の『神社合祀令』が発令され、本牧地区に点在していた六社のお社の御神霊が、当本牧神社に合祀され、境内に摂末社として祀られました。本牧神社は摂末社の神々と共に先の大東亜戦争の敗戦により、米軍による強制接収を受けました。神々は昭和28年に本牧二丁目に建立された仮社殿の御本殿深く祀られ続け、それぞれの大祭も慣例通り斎行されてきましたが、平成5年、米軍の接収解除により、現在の本牧和田の新天地への御遷座を機に更なる御神徳発揚を願い、氏子崇敬者有志の勧進により、それぞれの社殿を新たに構え、本殿からお遷り頂くことができました。

 

▲このページのトップへ