商業撮影を行う皆様へ

 

本牧神社社務所

 

 

本牧神社(以下「当社」)の境内は、地域の大切な祈りの庭であり、氏子崇敬者が気持ちよくお参り戴ける静謐な環境を保つことが最優先されます。法律的にも「神社規則」に定める「宗教活動」を行う場所とされ、一般的な商業活動のための空間ではありません。

そのような境内ですが、七五三や初宮詣等の御祈祷を受けられる皆様(以下「ご祈祷者」)の便宜を図る目的の下、当社が崇敬者として認定した個人または法人の事業者(以下「崇敬事業者」)には、前述の目的に適う範囲内で販売を前提とした写真や動画の撮影行為(以下「商業撮影」)を恒常的に許可しています。

崇敬事業者は、単に自身の収益を図るのみではなく平素から当社に対する崇敬の念を持ち、当社の祭典等に際しては応分のお志を奉納し、当社の教化活動に対しても無償の奉仕等を継続的に行っています。

一方、ご祈祷者が依頼されたものであれば、当社に対する継続的な崇敬実績がない事業者についても境内での一時的な商業撮影を黙認して来ました。しかしこの措置は崇敬事業者との関係で公平さを欠き、撮影ポイントの占有や参拝者の動線を妨げてトラブルとなる事例が多発しています。

加えて本年は新型コロナウイルス感染防止の観点からも、境内の混雑を未然に抑止し神域に相応しい秩序維持のために従前以上の規制が必要となりました。

このような状況を受け本年9月1日より、当社境内での商業撮影は、原則として崇敬事業者に限定させて戴くことと致します。但し、撮影を依頼されるご祈祷者個々のご事情等を考慮し、崇敬事業者以外の事業者であっても、当社の掲げる条件の遵守を誓約する場合には、境内での一時的な商業撮影を例外として許可することがありますので、特段のご希望がある際は事前に申請して下さい。

尚、御祈祷を受けない「ロケーション撮影のみ」の商業撮影は全面的に禁止と致します。

また、近年散見される「ご祈祷者の親族・友人である」などと偽称し、或いは非営利の個人撮影の体を装っての商業撮影は、虚偽により境内の所有者・管理者である神社を欺き、その規制事項に違背する悪質な行為です。

万一発覚した際には、即刻境内からの退去と以後の入域を禁止する措置を執りますので、呉々もご注意下さい。

 

一時的商業撮影許可条件

1. 境内は神聖な祈りの場であることを理解し、静粛を保って撮影を行うこと。

2. 社殿内での撮影は行わないこと。(出入口を含み全面禁止)

3. 社殿の正面、参道や階段の中央部分は、特に神聖な空間であることを理解し、そのような場所を  占有(三脚の使用を含む)しての撮影行為は行わないこと。尚、御祈祷を受けないロケーション撮影のみの商業撮影は認めない。

4. 撮影の開始に際しては、自身の活動を神様に奉告するために神前に参拝すること。(参拝に際しては、神前に志=こころざしを納める事が望ましいが、自身の商業活動を神様にお許し戴くための行いなので、ご祈祷者への費用負担の転嫁は慎しむこと。)

5. 神社の駐車場は「参拝者専用駐車場」である。特に土・日曜日及び祝日は氏子崇敬者の参拝に支障が生じないように、事業者自身の車両は近隣の民間駐車場等の利用を配慮すること。

6. 神社の許可を得て活動している崇敬事業者の業務の妨げにならないよう配慮すること。

7. 撮影開始前に社務所受付で「一時的商業撮影許可証」の交付を受け、活動中は常に着用すること。また、撮影終了後は速やかに社務所受付へ返納すること。

8.前項までの各条件に反し、または神社職員の指示に従わなかった時には本件許可を取り消し、以後、境内への参入を禁止する。

 

 

本件に関するお問合せ 本牧神社社務所 045-621-7611